抗うつ薬の種類

代表的な抗うつ剤の種類

うつ病の原因は、脳の神経細胞の働きに異常が起きていると考えられており、抗うつ剤はこの神経細胞に情報を伝える、神経伝達物質の働きを高める効果があるため、うつ病の症状の改善に効果的です。また、抗うつ剤にも様々な種類があり、現在の症状の状態によって服用する薬剤はなります。

抗うつ剤には、選択的セロトニン再取り込み妨害薬であるSSRI、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み妨害薬のSNRI、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤であるNaSSA、そして三環系、四環系などの種類に分けられます。セロトニンやノルアドレナリンは神経伝達物質となっており、うつ病の原因と考えられる情報伝達をスムーズにする効果があります。

抗うつ剤服用時の注意点

抗うつ剤は原則として1つの薬を使用して利用します。まず上記で説明した抗うつ剤の中から1つを選択し、6週間から8週間服用を続けて経過をみます。もし、効果がみられた場合にはその薬を断続して服用しますが、もし効果がみられなかった場合には別の薬に切り替え引き続き経過を見るのが一連の流れです。

抗うつ剤にはそれぞれ副作用があります。SSNIの場合には吐き気や食欲不振、下痢などの症状が出ます。つまり、副作用と効果をみて、抗うつ剤を調整してきます。注意しなければならないのは、副作用が強くでてしまう、服用を始めた1週間から2週間です。この期間は身体が抗うつ剤に慣れておらず、副作用が強く出てしまいますが、徐々に落ち着いていきます。